車

ISOFIX対応チャイルドシートの利便性

チャイルドシート選びは難しい

子供が生まれたら多くの家庭で必要となるのがチャイルドシートです。

チャイルドシートは現在義務付けされるようになり、6歳未満の乳幼児を乗せての運転には必ずつけることが取り決められています。
そのため、妊娠中からチャイルドシートの下見をして選んでおくという人も少なくありません。

万が一、事故に合った時にチャイルドシートをしておくことで生存率が増します。
自動車保険ランキングで補償内容を確認してみると、中にはチャイルドシートが車両保険の対象となっていることもありますので、命を守るためにもかならず購入するようにしましょう。

ただし、チャイルドシートと一口に言っても多くの種類が発売されています。
買ったはいいものの乗せてみると取り付けにくかったり安全性に不安を持ったりと本当にこれで良いのかと悩んでしまう人も多いです。
そこでここではチャイルドシートで迷わないよう、どのような基準で選べば良いのか、そして最近話題になっているISOFIX(アイソフィックス)式のチャイルドシートについて紹介をしていきます。

ISOFIX(アイソフィックス)とは

ISOFIX(アイソフィックス)とは、車にチャイルドシートを固定する仕組みのことです。
従来のチャイルドシートというのは車のシートベルトを用いて固定していました。
しかし、ISOFIXの場合には車に装備されたISOFIXバーを用いて連結させて使います。

この方法がとても簡単に取り付けられてなおかつしっかりと固定することができるとして注目されています。
今ではISOFIXが義務付けられているのでほとんどのチャイルドシートはISOFIX方式となっています。

チャイルドシートの選び方

子供を乗せて運転するからにはやはりしっかり安全を守ってくれルものを選びたいものです。
そこで、まずは日本製のものならば国土交通省の安全基準に適合しているもの、外国製のものであれば欧州基準適合マーク、米国基準適合マークといったものが付いているものを選ぶ方が安心できます。

次にチャイルドシートをいつから使い始めるかも考える必要があります。
病院から連れ帰る時から車に乗るのであれば新生児対応のものでなければなりません。

対象年齢の幅によってチャイルドシートの形状も変わりますし場合によっては買い替えも必要です。
そこで車に乗せる年齢に付いてはしっかりと検討して選ぶ必要があります。

最後に同じISOFIX式であっても取り付け可能な車種は限定されていることがあります。
自分の車に取り付けることができるのか、メーカーのホームページやパンフレットでの確認が必要です。

なお、生まれてからすぐに車に乗せる予定がないという場合には、生まれてから検討するというのも一つの方法です。
子供が生まれてからの方が実際に子供を乗せての様子がわかるため選びやすいですし子供が落ち着いて乗れるシートも確認することができます。
ただし、何かイレギュラーがあって突然子供を乗せて車を走らせなければならないこともあるかもしれませんから、日頃からよく運転をする人や地方で交通手段が車しかないような地域に住んでいる人はあらかじめ購入しておいた方が安心できます。