看板

日本製の木製おもちゃのおすすめブランド

木のおもちゃの温かみ

木のおもちゃは見た目のシンプルさ、触った時の温かみ、といった点が人気です。
木のおもちゃで遊ぶことは、子供にとってもメリットがあります。
シンプルなもので遊ぶことによって想像力や表現力を養うことができますし、素材そのものの良さを知ることもできます。

どうしても木のおもちゃは高いとして避けられがちです。
しかし、小さいころから良いものに触れる機会というのは持っていて損はありません。

木のおもちゃの選び方

木のおもちゃといっても色々なものがあります。
昔ながらの物から最近のものまで種類が豊富です。
そこで、まずは贈る相手にあったものがどのようなものかを考えることが必要です。

男女の性差によっても喜ばれるものが違います。
昔ながらも木馬や手押し車のおもちゃだけでなく本格的なキッチンのおもちゃのようなおままごとセットもあります。
どちらが喜ばれるかは性別や年齢によって違うものです。

子供自身が遊んでいるところがイメージできるものを選ぶようにしましょう。
特に木もおもちゃは丈夫で品質が良いものが多く、気に入ってもらえば長く使い続けることが可能です。

おもちゃにも対象年齢というものが書かれています。
そこで、もしもその年齢にあったおもちゃがわからないという時には店員に年齢や普段の遊びを伝えて喜んでもらえるものを探すようにしましょう。

木製おもちゃで人気のメーカー

木製おもちゃで人気のメーカーはいくつかあります。
その中の一つがkiko+(キコ)です。

kiko+(キコ)は2011年に誕生したブランドで、木を使っていながらおしゃれな配色がされていますし個性的なおもちゃが多く取り扱われています。
見た目の可愛さからインテリアとしても楽しむことができるとして子供たちはもちろんおしゃれなママからも人気です。

歴史が長く昔ながらのおもちゃを楽しむことができるのがMocco(モッコ)です。
大正15年創業と歴史が長く、製品に使用する塗料にまでこだわって安心安全なおもちゃを製造しています。
昔ながらのおもちゃは温かみがあり、なおかつ修理やメンテナンスにも適切に対応してもらえるという点でも人気です。

木製おもちゃのだいわの木のおもちゃも人気です。
シンプルだからこそ木目の美しさを感じることのできる仕上がりになっています。

この木目の美しさを出すためにブナ材を中心に木材選びをしていること、防虫剤や防腐剤といった薬剤を使用せず安心安全な加工をしていることも子供が口に入れることを考えるととても安心できます。
バラ売りも対応しているため、もしも紛失をしたり壊れてしまったりしても買い足して遊び続けられるのも嬉しい点です。